サイトマップアクセスお問い合わせ
大中小
Foreign Language

加賀市

ホーム

現在位置:HOMEの中の産業・まちづくりの中の協働・交流の中の国内・国際交流から台湾まつりin加賀市2017 台湾傳練堂綜藝団が来日!

台湾まつりin加賀市2017 台湾傳練堂綜藝団が来日!

更新日: 2017年8月8日
印刷


      

台湾屈指の伝統獅子舞芸術団 傳練堂(でんれんどう)が加賀市にやってきます!

今年は台湾屈指の伝統獅子舞・藝術団である傳練堂綜藝団14人が来市し加賀市で熱い演舞を繰り広げます!日々の厳しい鍛錬により完成された本場台湾のハイレベルな技を是非この機会にご覧ください。

 

【演目紹介】
◆台湾獅子舞
古来より台湾の廟会(道教の廟のお祭り)では欠かせない演舞として各地で発達し、現在では「邪気を祓い 福を招く」吉祥のシンボルとされ、開運・健康長寿・商売繁盛など強力なパワーがもたらされるとされます。台湾国内では技術を競うコンテストも開催されよりアクロバットな演出も加わり、台湾を代表する伝統芸能としても親しまれています。
1頭の獅子は2名の団員が担い、大きな目とカラフルな衣装が印象的な容姿と駆けたり跳びはねたりといった観るものを魅了するダイナミックな技が特徴です。

◆台湾でも大人気 「電音(テクノ)三太子」
三太子は殷朝末年の兵 李靖の三男「哪吒(ナージャ)太子」がモデルとされ、西遊記にも登場する伝説の人物です。たいへん法力の強いやんちゃな子どもで、5歳のときに一緒に遊んでいた竜王の息子を死なせてしまい、父親は激怒し、父に償うため自ら命を絶ちました。死後に太乙真人という神様が父親と和解させ、ハスの花で彼の体を復活させました。
道教の神様として信仰され、獅子舞と同じく古来より廟会に登場していましたが、近年では愛らしい容姿の三太子がテクノ調の音楽にあわせて激しく踊る「電音三太子」が一般的な姿として広まり台湾でも大人気です。
三太子のかぶりものは13キロ以上もあり、鍛錬された団員でないと激しく舞い踊ることは到底できません。傳練堂の電音三太子は音楽に乗って軽々と舞い踊ります。

【日 時】
◆平成29年8月19日(金)
【山中会場】 14時00分~14時45分(ゆげ街道~山中座前広場)   問い合わせ:山中温泉観光協会 TEL 78-0330
【山代会場】 16時30分~17時10分(古総湯周辺)            問い合わせ:山代温泉観光協会 TEL 77-1144
【片山津会場】 20時20分~21時00分(湯のまつり会場)
 ※片山津温泉湯のまつりには台湾グルメ屋台(15時~22時 砂走公園沿い)が出店します。

◆平成29年8月20日(土)
【片山津会場】 16時15分~17時00分(総湯前~湯のまつりステージ) 
          19時20分~20時00分(湯のまつりステージ)
 ※片山津温泉湯のまつりには台湾グルメ屋台(15時~22時 砂走公園沿い)が出店します。
 ※台湾茶芸会(10時~14時 片山津児童センター内)開催します  ※途中休憩あり

【その他】
雨天の場合は中止となります。


【問い合わせ】
山中温泉観光協会 TEL 78-0330
山代温泉観光協会 TEL 77-1144
片山津温泉インフォメーションセンター TEL 74-1133

お問い合わせ
観光交流課国際交流係
電話番号: 0761-72-7906
FAX番号: 0761-72-7991
E-mail: kokusai@city.kaga.lg.jp
よりよいホームページにするためにご意見をお願いします
このページの情報は役に立ちましたか?


加賀市役所

〒922-8622 石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地 電話: 0761-72-1111(代) FAX: 0761-72-4640
市役所開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く) 【市役所のご案内】