危機関連保証の発動について

 この制度は、全国的な金融危機等により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、市が認定した中小企業者に対し、信用保証協会が通常の保証限度額及びセーフティネットの保証限度額の更に別枠で借入債務を保証するものです。

 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和2年3月13日に発動されました。
 詳細は中小企業庁Webサイト:危機関連保証(外部リンク)をご覧ください。


認定対象者

次の要件を満たすこと
・中小企業信用保険法第2条第1項に掲げる中小企業者であること。
・金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としていること。
・新型コロナウイルス感染症の影響起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること。

提出書類

1.認定申請書 (45kbyte)doc(申請者用と市控用で2部 それぞれに要押印)
2.認定に係る売上高等確認報告書 (39kbyte)doc(※)
3.委任状 (27kbyte)doc(代理人が提出するときのみ)
4.市内に本社又は主たる事業所を有していることを確認できる書類
  (法人:登記事項証明書の写し、個人:確定申告の控え又は開業届の写し等)

※売上高等確認報告書に公認会計士・税理士の確認印がない場合は、決算書類、確認申告書控、試算表もしくは売上帳簿の写し等、売上高の確認ができるものをご用意ください。

申請窓口 加賀市役所商工振興課(別館4階) TEL 0761-72-7940
認定書の発行 申請書を受理した翌日以降の発行となります。
留意事項 市長の認定を受けた後、本認定書の有効期間(30日)内に金融機関または信用保証協会に対して、経営安定関連保証の申込を行うことが必要です。

関連リンク