サイトマップアクセスお問い合わせ
大中小
Foreign Language

加賀市

ホーム

現在位置:HOMEの中の健康・福祉・子育ての中の健康の中の予防接種・感染症から腸管出血性大腸菌による食中毒予防について

腸管出血性大腸菌による食中毒予防について

更新日: 2017年11月17日
印刷

腸管出血性大腸菌による食中毒の流行について


平成29年8月の全国の感染症発生動向調査における腸管出血性大腸菌O157の患者数は、関東地方を中心に直近5年間で最も流行した年のピーク時を越える水準となっております。また、一人が死亡した旨の報道発表もありました。
家庭内でも予防のための対策を徹底し、食中毒を防ぎましょう。


予防のための対策



腸管出血性大腸菌は加熱により死滅します。したがって、腸管出血性大腸菌の食中毒を予防するためには、生肉を使った肉料理を避けることや、肉の中心部まで十分に加熱することが重要です。

飲食店などで食べるときには、生肉や肉を生焼けで食べる料理がメニューにあっても、なるべく避けたほうが安全です。また、焼肉やバーベキュー等、自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱し、生焼けのまま食べないようにしましょう。

特に、若齢者、高齢者、抵抗力が弱い方は、重症化することがありますので、生肉や加熱不十分な肉料理を食べないようにしてください。

 このほか、高齢者施設での浅漬を原因とした集団食中毒事件も報告されています。高齢者・若齢者など抵抗力が弱い方に食事を提供する施設等においては、献立や調理時の衛生管理等に十分注意しましょう。


関連リンク

   

  腸管出血性大腸菌について(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ
健康課母子保健係
電話番号: 0761-72-7866
FAX番号: 0761-72-5626
E-mail: kenkou@city.kaga.lg.jp
よりよいホームページにするためにご意見をお願いします
このページの情報は役に立ちましたか?


加賀市役所

〒922-8622 石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地 電話: 0761-72-1111(代) FAX: 0761-72-4640
市役所開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く) 【市役所のご案内】