ポルトガル共和国のホストタウンに登録決定!!

平成30年12月28日付けで加賀市はポルトガル共和国の「ホストタウン」として登録されました!

加賀市は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、ポルトガル共和国を相手国とし、参加選手や関係者・地域との相互交流を図り、地域活性化を促進する「ホストタウン」に登録されました。

加賀市はこの登録を受け、ポルトガル共和国との交流計画に基づき、東京2020オリンピック競技大会のポルトガル柔道競技の事前合宿の実現に向け交流事業を進めていきます。

選手団歓迎レセプション

ホストタウンとは

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を国が「ホストタウン」として登録し、地域活性化等を推進するものです。

関連リンク

ホストタウンの推進について
(内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局)※外部サイト