サイトマップアクセスお問い合わせ
大中小
Foreign Language

加賀市

ホーム

現在位置:HOMEの中のくらし・手続きの中の税金の中の固定資産税から住宅の省エネルギー改修に伴う固定資産税の減額について

住宅の省エネルギー改修に伴う固定資産税の減額について

更新日: 2020年4月21日
印刷

平成20年4月1日~令和4年3月31日までの間に次の要件を満たす省エネルギー改修(熱損失防止改修)が行われた住宅(専用住宅及び併用住宅)は申告により、住居として用いられている部分の床面積が120m2までのものはその全部について、120m2を超えるものは120m2分に相当する部分について、改修が完了した年の翌年度分の固定資産税の1/3の額が減額されます。
なお、平成29年4月1日~令和4年3月31日までの間に省エネルギー改修が行われ、認定長期優良住宅に該当することとなった場合、2/3の額が
減額されます。※都市計画税は対象となりません。

要件

  1. 平成20年1月1日以前に建築された住宅(居宅部分が1/2未満の家屋および賃貸住宅を除く。)であること。
  2. 改修後の住宅の床面積が50㎡以上280㎡以下であること。
  3. 次のいずれかに該当する改修工事が行われたこと。
    ア. 窓の断熱改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)
    イ. 窓の断熱改修工事と併せて行う床の断熱改修工事
    ウ. 窓の断熱改修工事と併せて行う天井の断熱改修工事
    エ. 窓の断熱改修工事と併せて行う壁の断熱改修工事
    ※改修工事の内容が現行の省エネ基準に適合することが必要です。
  4. 省エネルギー改修に要した費用のうち、国または地方公共団体からの補助金等を除く自己負担額が50万円以上であること。(省エネルギー改修に直接関係のない改修の費用は含みません。)

※対象となる家屋が既に同軽減措置の適用を受けたことがある場合、または新築住宅、耐震改修をおこなった住宅に対する軽減措置の適用を受けている場合には適用されません。ただし、バリアフリー改修を同時に行われた場合、併せて軽減措置を受けることができます。
(認定長期優良住宅の認定を受けている場合は併用不可)

申告の期限

改修工事が完了した日から3ヵ月以内にご提出ください。

提出先

加賀市役所 税料金課 固定資産税係
TEL 0761-72-7816(直通)

必要な書類

  1. 『固定資産税(熱損失防止改修)減額申告書』
  2. 改修工事に要した費用を証する書類(改修工事費用の領収書等)
  3. 改修工事の内容が確認できる書類(改修後の写真および工事明細書等)
  4. 省エネ基準に適合することを証する証明書(建築士、登録住宅性能評価機関、指定確認検査機関、住宅瑕疵担保責任保険法人が発行したもの)
  5. 補助金等の交付を受けたことを確認することができる書類(補助金等の交付を受けた場合のみ)
  6. 認定長期優良住宅の認定を受けている場合は、長期優良住宅認定通知書の写し

関連ファイル

お問い合わせ
税料金課固定資産税係
電話番号: 0761-72-7816
FAX番号: 0761-72-7990
E-mail: kotei@city.kaga.lg.jp
よりよいホームページにするためにご意見をお願いします
このページの情報は役に立ちましたか?


加賀市役所

〒922-8622 石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地 電話: 0761-72-1111(代) FAX: 0761-72-4640
市役所開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く) 【市役所のご案内】