議員連盟

更新日:2021年09月13日

中央に向かい合うように、机と椅子が並べられた議場の画像

 加賀市議会では、さまざまな目的に応じて、議員連盟を設立しています。

国際交流推進議員連盟

 加賀市議会では、平成26年4月8日に設立総会を開催し、国際交流推進議員連盟が発足しました。この連盟は海外諸都市との姉妹都市や友好都市提携をはじめ、国際的な政治・経済・学術・文化・スポーツ交流活動、海外交流人口の拡大を推進し、加賀市の国際化を図り、市民福祉の向上に資することを目的としています。

加賀市議会・あわら市議会友好交流議員連盟

 加賀・あわらの両市には、温泉地などの地域資源や国道8号拡幅・北陸新幹線の早期延伸の課題など、共通するところが多くあります。同じ県内の市議会同士は、県市議会議長会を通して連携が図られていますが、他県同士の連携は特にありませんでした。
 今回、新たに県をまたぎ隣接する両市が連携し、共通課題の解決に向けて取り組んでいきます。
 平成27年2月2日には設立総会を開き、設立を記念して、宮元加賀市長、橋本あわら市長が立会いのもと、高辻加賀市議長、笹原あわら市議長が設立宣言書に署名しました。

多くの人達がそれぞれ椅子に座り、写真左奥の人が立ち上がっている様子の写真
右から宮元加賀市長、橋本あわら市長、高辻加賀市議長、笹原あわら市議長が映っている写真

要望活動 令和元年度

 5月13日、14日の2日間、あわら市議会と合同で要望活動を行いました。
 13日は、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム座長の岸田文雄自民党政調会長をはじめ、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームメンバー等へ要望活動を行い、1日も早い北陸新幹線の全線開通や、国道8号の早期4車線化などを訴えました。
 また、14日には、国土交通省を訪れ、牧野たかお国土交通副大臣をはじめ、関係部局に対し要望活動を行いました。
 この活動は、地道に継続していくことが大切ですので、今後も、あわら市議会と力を合わせて取り組んでいきます。

会議室内で11人の男女の中で中心の男性2人が白い紙を持って映っている写真
10人の男女の中で中心の男性2人が白い紙を持って映っている写真

要望活動 平成30年度

 5月14日、15日の2日間、あわら市議会と合同で要望活動を行いました。
 この要望活動は、平成27年度から実施しており、両市共通課題の「北陸新幹線の早期完成」と「国道8号の整備促進」について、両市が協力して要望活動を行い、早期実現に向けて取り組んでいます。
 14日は、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム座長の岸田文雄自民党政調会長らに要望活動を行いました。
 また、15日には稲田朋美衆議院議員と佐々木紀衆議院議員に同行いただき、国土交通省を訪れ、秋元副大臣をはじめ関係部局への要望活動を行いました。
 さらに、11月27日には、「国道8号の整備促進」に関して、北陸地方整備局・金沢河川国道事務所、近畿地方整備局・福井河川国道事務所へ要望活動を行いました。
 この活動は、地道に継続していくことが大切ですので、今後も、あわら市議会と力を合わせて取り組んでいきます。

会議室内で11人の男女の中で中心の男性が白い紙を持って映っている写真
会議室内で中心の白い紙を持っている男性を囲むようにして11人が映っている写真

要望活動 平成29年度

 8月3日、4日に加賀市議会、あわら市議会の合同要望活動を実施しました。
 両市議会の正副議長をはじめ計12人の議員が上京し、「北陸新幹線の早期完成」と「国道8号の整備促進」に関する要望書を与党整備新幹線建設推進PT福井駅先行開業等検討委員会のメンバー、国交省に提出しました。
 また、10月には、「国道8号の整備促進」に関して、北陸地方整備局・金沢河川国道事務所、近畿地方整備局・福井河川国道事務所へ要望活動を行いました。
 平成27年度から継続している要望活動ですが、この活動は、地道に継続していくことが大切ですので、今後もあわら市議会と協力し、両市の共通課題の早期実現に向けて取り組んでいきます。

会議室内で13人の男性の中で中心の男性3人が白い紙を持って映っている写真
長机を囲むようにして男性がそれぞれ椅子に腰掛け、打ち合わせを行っている様子の写真

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局

電話番号:0761-72-7965 ファクス番号:0761-72-5305

メールフォームによるお問い合わせ