加賀のティール

更新日: 2016年12月1日
印刷
 



  

 トモエガモやコハクチョウなど、多くの水鳥が落穂を食べつつ冬を越す柴山潟周辺の干拓農地。そこを中心に若手農家たちが生産に取り組んでいる「あぢの郷米加賀のティール・ブルーラベル」は、化学農薬や化学肥料を一切使用しない無農薬栽培のお米です。(*)

また、より広範な共生農業と安全・安心のお米づくりの普及を目指すため、無農薬の栽培技術を応用した「殺虫殺菌剤不使用」のオレンジラベルの栽培にも取り組んでいます。(**)

安全・安心だけでなく、品質向上のため、厳しい食味基準のハードルを自ら課しています。それをクリアしたものだけを「加賀のティール」として出荷しています。

平成28年からは地域の小学生と連携し、“幻の米”「農林21号」の復活栽培にも挑戦しています。
生きものたちとの共生と自らの未来をかけ、新たな農業を目指す若武者たちの米づくりをご紹介します。

☆「ティール」とは、小型のカモ類を指す英語圏での呼び名です。日本の「あぢ」に相当する言葉です。
    
▲田植えに臨む「かが有機農法研究会」の若手農家
(*)
有機農業の推進に関する法律(平成18年)に基づくもので、有機JAS認証に限定されるものではありませんが、農法や資材はJAS有機に準拠しています。

(**)
オレンジラベルの圃場農薬は初期の除草剤(3成分以下)のみに限定されます。その除草剤も、加賀市共生農業推進協議会が推奨する選択基準を遵守し、関連法(農薬取締法、化学物質把握管理促進法、劇毒物取締法)が定めるランクでもっとも安全レベルの高いものを選択しています。


※「加賀のティール」は直販用サイトでご購入できるほか、各地の取扱店でお買い求めいただけます。

☆栽培方法により、ブルーラベル(化学農薬・化学肥料不使用)とオレンジラベル(殺虫殺菌剤・化学肥料不使用)があります。
☆各ラベルで「コシヒカリ」と「農林21号」の2品種を取り扱っています。
☆取扱店舗等により、ラベルや品種のお取扱い内容に限りがある場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

 
「加賀のティール」のラベルに込められた想い

「加賀のティール」のラベルデザインには、かつて万葉集の時代に歌われた「あぢむら(トモエガモなどの小型のカモの群れ)」がまるで立ち昇る雲のような大群で舞い降りてくる姿を模しています。残念ながら、現在の日本ではこのような「あぢむら」の光景を見ることができません。でも、いつかきっと、環境に優しいお米づくりを通じて「あぢむら」の風景をよみがえらせたい。そんな願いを込めて、その勇壮な姿をラベルの意匠に取り入れています。

 化学農薬・化学肥料不使用のブルーラベル











殺虫殺菌剤・化学肥料不使用のオレンジラベル



   
レッツ・ラムサール・アクションとは、消費者と産地の保全活動を結びつける取組み(消費者環境直接支払基金)です。玄米1kgが店頭で購入される毎に一定額の基金が積み立てられ、生産農家による水田周辺の野生生物の保全活動で使用される資材の購入費などに充てられます。

☆加賀のティール(ブルーラベル)を1kgお買い上げいただくと、およそ一合の屑米が水鳥たちのために冬の田んぼに提供される仕組みです

(※渡り鳥の生態に影響を与える“餌付け”にならないように、田んぼに屑米を撒く時期は専門家のアドバイスに従います。)
 
夜の田んぼで餌を採るトモエガモ




お近くに取扱店がない場合は、かが有機農法研究会の直販用サイトへどうぞ!
 


かが有機農法研究会のフェイスブックは
こちらをクリック!

直販用サイト(外部リンク先)
はこちらをクリック!

「加賀のティール」のお取扱いをご検討の流通業者の方は下記のお問合せ先までご連絡ください。
●かが有機農法研究会 販売担当 TEL&FAX:0761-74-2332(村田)
●メールでの各種お問合せは 
kaganoteal@gmail.com

お問い合わせ
環境政策課環境政策係
電話番号: 0761-72-7892
FAX番号: 0761-72-7991
E-mail: kankyouseisaku@city.kaga.lg.jp
よりよいホームページにするためにご意見をお願いします
このページの情報は役に立ちましたか?


加賀市役所

〒922-8622 石川県加賀市大聖寺南町ニ41番地 電話: 0761-72-1111(代) FAX: 0761-72-4640
市役所開庁時間 午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日、年末年始を除く) 【市役所のご案内】