保育料みなし寡婦(寡夫)控除の適用について

更新日:2020年10月15日

ひとり親家庭のうち、配偶者と死別・離別した場合は、税法上の寡婦(寡夫)控除や非課税の措置がありますが、婚姻歴のない場合は適用されません。

負担の不公平感をなくすことや子育て支援の充実の観点から、婚姻歴のないひとり親家庭に対し、寡婦(寡夫)控除をみなし適用し、負担軽減を図ります。

  • 負担軽減の適用を受けるためには申請が必要です。
  • 寡婦(寡夫)控除をみなし適用しても、保育料が変わらない場合もあります。
  • 実施時期は平成26年4月からです。
  • 申請や必要書類等の詳しい内容については、保育係までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課保育グループ

電話番号:0761-72-7855 ファクス番号:0761-72-7797

メールフォームによるお問い合わせ