令和3年度 「若年層住宅改修等助成事業」のご案内

更新日:2021年06月15日

加賀市で住宅を改修される方へ

加賀市での定住を促進するため、住宅の増築・改築・改修(以下「改修等」という。)をされる45歳未満の方に、住宅改修費の一部を助成します。

なお、補助金の手続には、所定の期限がありますのでご注意ください。
また、補助金の交付は予算の範囲内で行いますので、必ず補助が受けられるものではありません。

 

  • 住宅・・・自己の居住のための一戸建て
  • 増築・・・既存の住宅に10平方メートルを超えて床面積を増加させること
  • 改築・・・既存の住宅の全部または一部を解体し、規模および構造がこれと同等の住宅を建築すること
  • 改修・・・既存の住宅の全部または一部の修繕、模様替え、設備の更新をすること(床、壁または天井のいずれにも固定されない家具、電気製品、その他の物品購入および設置に要する費用並びに住宅の改修に伴わない設備機器の取り換えのみを行う費用を除きます。)

 

補助額

基本額

(ア)18歳未満の子がいる世帯

工事費用の10% 上限20万円

(イ)上記以外の世帯

工事費用の5% 上限10万円

加算額

3世代同居の場合 10万円

※3世代同居・・・祖父母、親、子(胎児も含みます。)が、同一の住宅に居住すること

 

補助要件

次のすべてを満たす必要があります。

(工事請負契約前に余裕を持ってご相談ください。)

 

1.建築後20年以上の住宅を改修等すること

2.対象となる住宅に住所を有する方または対象住宅に住所を移す予定の方

3.対象住宅に5年以上定住する意思があること

4.対象住宅の改修等に係る工事費用100万円以上の工事請負契約を加賀市内の工事業者と締結した方(加賀市内の複数の業者と契約し、工事費用が合算で100万円以上の場合を除きます。)

5.工事請負契約の締結日において45歳未満の方

6.市税等の滞納がない方

手続きの流れ

交付申込 ※工事前

【提出期限】工事請負契約書の契約日から1か月を経過する日までに提出してください(申請者)

★提出書類

1.加賀市若年層住宅改修等助成事業補助金交付申込書(様式第1号)

2.工事請負契約書のコピー(収入印紙があるもの)

3.工事図面(工事内容のわかるもの)

4.対象住宅が建築後20年以上経過していることを確認できる書類(登記事項証明書など)

 

交付申請(実績報告) ※工事完了後

【提出期限】工事完了日または対象住宅に住所を移した日のいずれかの遅い日から2か月を経過する日までに提出してください(申請者)

★提出書類

1.加賀市若年層住宅改修等助成事業補助金交付申請(実績報告)書(様式第2号)

2.工事にかかる領収書のコピー

3.住民票(同居する世帯全員分)

4.母子手帳のコピー(子が胎児の場合)

5.戸籍謄本(3世代同居の場合※祖父母と親の続柄を確認できるもの。住民票で3世代であることが確認できる場合は必要ありません。)

6.現地調査同意書(様式第3号)

7.市税等納付状況調査同意書(18歳以上の世帯全員分)

8.現場写真(施工前及び施工後のもの)

審査終了後

・加賀市若年層住宅改修等助成事業補助金交付決定及び額確定通知書(様式第4号)の交付(市)

・請求書の提出(申請者)

・補助金の交付(申請者名義の口座へ振り込み)(市)

申請書類

交付申込

交付申請兼実績報告

この記事に関するお問い合わせ先

スマートシティ課

電話番号:0761-72-7840 ファクス番号:0761-72-6250

メールフォームによるお問い合わせ