(第2弾)加賀市がんばる事業者応援事業補助金 募集のお知らせ

更新日:2022年02月22日

事業概要

ポストコロナを見据えた新たな販路の開拓や業務の効率化・生産性の向上に取り組む中小企業者や個人事業者を応援するため、事業に必要な経費の一部を支援します。

補助対象者

市内に本社または主たる事業所を有する中小企業者(個人事業主含む)および商店街組織などの商工振興団体

※第1弾(R3.5月~R3.11月)を利用した場合でも、別の取り組みであれば申請できます。

※以下の場合は補助の対象外となります。

・市税等を滞納している者(新型コロナウイルス感染拡大に伴い徴収が猶予及び分割納付の誓約が済んでいる場合は除く。)

・政治団体、宗教団体

・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)に規定する性風俗関連特殊営業及び接客業務受託営業を行う者。

・加賀市暴力団排除条例(平成24年3月26日 条例第1号)第2条第1号から第5号までの規定する暴力団員及びその他反社会的な勢力又はそれらと関係する者が経営又は運営に実質的に関与している者

補助対象事業

対象となる事業の例:

【A】販路の新規開拓

・Webサイトの制作、新規機能の追加、オンラインサービスの実施

・展示会・商談会への出展、商業施設等における展示スペース・看板等の設置

・自社製品のブランディング

・新たなマーケティング戦略等に基づく広告媒体の新規制作及び掲載 等

 

【B】 生産性向上

・機械装置・設備器具(生産設備・衛生設備・デジタル化設備にかかる器具 等)の購入

・会計ソフト、受発注システム、決済ソフト等のソフトウェア導入

・キャッシュレス決済環境の整備、インボイス制度導入(インボイス発行事業者への転換)

・業務の効率化のための改修工事、コンサルティング導入 等

 

【※注意事項※】

 ・同一の事業を他の補助金を活用して実施する場合、本補助事業には申請できません。(別の事業を行う場合は申請できます)

補助対象経費

広告・Webサイト制作外注費、広告掲載費、デザイン費、翻訳費、展示会等出展費、会場費、コンサルティング費、機械装置・設備器具購入費、ソフトウェア費、システム構築費、設置費、工事費 等

※PC、タブレット等の購入費については、キャッシュレス決済環境の新規導入やインボイス発行事業者への転換等、事業の内容により一部認められる場合があります。

※対象とならない経費の例:消耗品費、人件費等は対象外です。

補助率・補助金額

対象経費の2/3以内(上限30万円、商工振興団体の場合は上限50万円)

補助対象事業期間

交付決定通知のあった日以降に着手する事業で、令和5年3月31日までに実施(請求・支払行為含む)が完了する事業(実績報告書の提出を含む)。

※交付決定日以前に着手した事業は補助対象となりません

申請受付締切日

令和4年9月30日(金曜日)

申請方法

・交付申請書類に見積書等の添付書類を添え、市役所商工振興課へ「Eメール」または「郵送」にて提出してください。

・申請のあった事業者から順次審査を行います。(申請~交付決定までには2週間程度かかります)

・事業が採択され、補助金の交付が決定した事業者へは、市から「交付決定通知書」を郵送します。

申請時の提出書類

交付申請書(様式1~4)をEメールまたは郵送で提出してください。

 


※概算払いを希望する場合:

交付決定した補助金額の1/2の額(千円未満切り捨て)を上限に概算払い(前払い)することが可能です。希望される事業者は概算払請求書(原紙)を提出してください。

事業完了時に提出する書類

事業が完了したときは、速やかに実績報告書(様式6~8)及び請求書(様式9)を提出して下さい。

※請求書(様式9)は押印の上、原紙を提出してください。

提出先・問い合せ先

加賀市商工振興課 (がんばる事業者応援事業担当)

E-mail:ganbaru@city.kaga.lg.jp

住所:〒922-8622 加賀市大聖寺南町ニ41番地

電話番号:0761-72-7945(直通) ファックス:0761-72-7991

この記事に関するお問い合わせ先

商工振興課

電話番号:0761-72-7940 ファクス番号:0761-72-7991

メールフォームによるお問い合わせ