平成29年度3月補正について

更新日:2020年10月15日

概要

予算規模について

  • 一般会計の補正額は、3億4,530万円の増額、また、今回補正する5つの特別会計・企業会計を合わせた全会計では補正総額2億5,978万1千円の増額です。

一般会計の歳出について

  • 大雪に伴う除排雪などに要する経費の増額を計上しています。
  • 「国際交流基金」、「山中伝統漆器後継者育成基金」、「本川弘一科学奨励基金」の3つの基金について、寄附による積み増しを追加計上しています。
  • そのほか、年間事業費等の増減に伴う所要額を補正しています。

一般会計の歳入について

  • 市民税・固定資産税などの増額を計上しています。
  • そのほか、地方交付税、国・県支出金、繰入金、繰越金などを補正しています。

繰越明許費

  • 国の補正予算に対応し、関係者との調整に日数を要したことなどにより、年度内完了が困難な13件の事業を計上しています。

備考

そのほか、特別会計、企業会計など詳細な内容については、添付ファイル(予算説明会資料については68ページ以降)をご覧ください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

財政課財政グループ

電話番号:0761-72-7805 ファクス番号:0761-72-5650

メールフォームによるお問い合わせ