加賀市 北前船関連文書デジタルライブラリー

加賀市北前船関連文書デジタルライブラリーについて

このHPでは加賀市の北前船関連の文書を所蔵していた家ごとに公開しています。
本HPの著作権および掲載資料の所有権は、加賀市文化財総合活用事業実行委員会に帰属します。

ご利用にあたって

※データや画像のダウンロード等による複製は個人的な学術利用に限ります。

転載について

このウェブサイトからコンテンツの転載(画像・文書・記事・データ等の復刻、翻刻、掲載、出版、放映、展示、再配布など)等の二次使用を行う場合には事前に許可が必要です。申請書(様式)により、あらかじめお申し込みください。

利用申請

TOPICS

久保彦兵衛家文書

 橋立で第一の北前船主である久保彦兵衛邸の主屋部分(玄関土間、オエとその後ろ4室)が昭和16年に現在の能美市の個人宅に移築された後、加賀市が買戻し現在は加賀市熊坂町に再移築され「蘇梁館(そりょうかん)」として活用されているが、それ以外の部分が金沢の野村家武家屋敷跡として公開されている。
 本文書は橋立から金沢に移築される以前に一時所有していた個人が保管していた襖の下張り文書である。平成26年、個人より加賀市に寄贈されたものである。

 橋立にあった久保彦兵衛邸の建築年代は天保11年とされている。
 一群の文書には享保年間のものがあり、一番の興隆期であった六代彦兵衛(天保11~大正4・1840~1915)より約100年はさかのぼる時期の文書である。
 文書にある「小餅屋(こもちや)」について。久保家は小餅屋孫兵衛から発しているため、初期の文書には小餅屋と記されている。久保を名乗るのは5代彦兵衛から(=久保家初代)天保9年以降である。

文書リスト

増田家文書

現在資料調査・整理中

酒谷家文書

現在資料調査・整理中

トップへ戻る