ジェネリック医薬品切り替えにご協力を

更新日:2022年03月24日

加賀市では平成23年度から、医療費自己負担額削減効果のある国民健康保険加入者の方へ、「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を送付しております。ジェネリック医薬品へ切り替えることで、患者本人の自己負担額を減らすこと、そして医療費増大の抑止を目的としております。

ジェネリック医薬品に関するお知らせの送付

毎年6月・10月・2月に「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を送付しています。対象者は次に該当される方です。

  • 加賀市国民健康保険に加入されている方
  • ジェネリック医薬品に切り替えた際、お薬代の差額が300円以上の方
  • お薬の投与期間が1日以上の方

お知らせが届きましたら、内容のご確認をお願いします。
内容に関するご相談・ご質問は、お知らせ裏面「ジェネリック医薬品コールセンター(電話番号 0120-53-0006)」へお問合せください。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許期間(20~25年)が切れた後に、厚生労働省の承認を受けて製薬メーカーから発売される、先発品と同等の品質でしかも低価格のお薬のことです。ただし、全ての新薬に対してジェネリック医薬品があるわけではなく、また調剤する病院や薬局で取り扱っていない場合もあります。対象となる医薬品は、医師の処方せんをもとに、病院や薬局で調剤されるものです。

  • 処方せんの「変更不可」の欄に医師の署名がなければ、ジェネリック医薬品に変更できます。
  • ジェネリック医薬品の使用等にあたっては、必ず医師・薬剤師にご相談ください。
  • 加賀市の国民健康保険において使用量の多かった薬の一例を関連ファイルとして添付しましたので、ご参照ください。
    使用量の多かった薬の一例は下記ファイルへ
  • 今飲んでいる薬がジェネリック医薬品かどうかを確かめるには、ジェネリック医薬品を推進している団体(日本ジェネリック医薬品学会)のホームページ「かんじゃさんの薬箱」にて薬品名を入力することで、簡単に調べることができます。

ジェネリック医薬品希望シールの送付について

加賀市では、国民健康保険証の更新時期(8月1日)に合わせ、「ジェネリック医薬品希望シール」を同封し、全加入世帯へ送付しております。このシールは、病院や薬局で「ジェネリック医薬品でお願いします。」など言いにくい場合に提示されれば、ジェネリック医薬品への変更希望の意思が伝わります。

加賀市国保にけるジェネリック医薬品数量シェアの推移

厚生労働省はジェネリック医薬品の使用促進に向け、「2020年(令和2年)9月末までに後発医薬品の使用割合を80%とし、できる限り早期に達成できるよう、更なる使用促進策を検討する。」と 定めました。

加賀市国保では、令和元年11月時点で使用割合80%以上を達成しています。

推移の詳細
年月

令和1年7月

令和1年11月 令和2年3月 令和2年7月 令和2年11月 令和3年3月 令和3年7月 令和3年11月

数量シェア(%)

79.9 81.0 82.2 81.2 81.8 82.6 81.6 81.6

数量シェアとは、「後発医薬品のある先発医薬品」及び「後発医薬品」を分母とした「後発医薬品」の数量シェアをいう

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課国保グループ

電話番号:0761-72-7860 ファクス番号:0761-72-7797

メールフォームによるお問い合わせ