安全に避難するポイント

更新日:2020年10月15日

黄色いヘルメットのイラスト
ラジオのイラスト

事前に準備を

ふだんから避難場所までの安全な経路などを確認しておきましょう

火元の確認

避難する前に、もう一度火元を確かめ、ガスの元栓、電気のブレーカーを切る

指定された避難場所へ

家に避難先や安否情報を書いたメモを残す

動きやすく安全な服装で

ヘルメットで頭部を保護しましょう。靴はひもでしっかりしめられる運動靴をはきましょう

持ち物は最小限に

荷物は背負い、両手が使えるようにしましょう

車は使わない

緊急車両や他の避難者の妨げになるので、避難は原則徒歩で行いましょう

隣近所で声を掛け合って

高齢者や子どもの手をしっかりと握って誘導し、集団で避難しましょう

塀のそば、川べり、マンホールに注意を

避難場所へ移動するときは、狭い道、塀のそば、川べりを避けた経路を選び、マンホールや側溝にも注意して歩きましょう

避難所では気象情報・災害情報に注意を

避難所では相互に協力を。気象情報や被害の状況を確認しましょう

この記事に関するお問い合わせ先

危機対策課

電話番号:0761-72-7891 ファクス番号:0761-72-6250

メールフォームによるお問い合わせ