避難情報等に関する運用について

更新日:2020年10月15日

 令和元年の出水期から、危険度が直感的にわかるように避難情報等に「5段階」警戒レベルを設定します。

 平成30年7月の甚大な被害をもたらした西日本豪雨において、避難勧告や避難指示(緊急)が発令されても、その避難情報の違いが住民の避難行動に繋がらなかったケースが相次ぎました。
 その後、国による検討がなされ、より住民にわかり易く防災情報を伝えるために、「5段階」の警戒レベルを設定し、住民の皆さんが早期避難など、命を守る最善の行動を取るべき行動を明確化しました。
 これに基づき、加賀市では、防災行政無線などで情報発信する際に
「〇〇地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました」などと放送するほか、ホームページ、SNS等でタイトルに警戒レベルを入れるなどして、危険度が分かるようにしていきます。詳細は下表をご覧ください。
 適時適切な避難を行うために、家族や地域で確認しましょう。

警戒レベルと避難情報等について(洪水及び土砂災害時)
警戒レベル 避難行動等 避難情報等 発令者
発表者
警戒レベル5 命を守るための最善の行動をとる 災害発生情報 加賀市
警戒レベル4 全員避難 避難指示(緊急)
避難勧告
加賀市
警戒レベル3 高齢者等は避難 避難準備・高齢者等避難開始 加賀市
警戒レベル2 避難行動の確認 洪水注意報
大雨注意報 など
気象庁
警戒レベル1 災害への心構えをしましょう 数日中に警報級の大雨の可能性 気象庁

参照

この記事に関するお問い合わせ先

危機対策課

電話番号:0761-72-7891 ファクス番号:0761-72-6250

メールフォームによるお問い合わせ