平成30年度下水道事業決算

更新日:2020年10月15日

平成30年度の下水道事業決算について

平成30年度の下水道事業決算についておしらせします。

1. 決算額

(1)収益的収支(税抜)

  • 収入額 18億7,027万円
  • 支出額 19億1,751万円
  • 収支差引額 △4,724万円(純損失)

 平成29年4月1日から地方公営企業法を適用したことにより、下水道事業の経理は、水道事業と同様に複式簿記により行うこととなりました。「収益的収支」では、収益が費用を下回り、純損失が約4,724万円となりました。

(2)資本的収支(税込)

  • 収入額 19億5,938万円(うち自己資金6億 716万円)
  • 支出額 19億5,938万円

 下水道施設の建設・改良や企業債の償還金に係る経費や財源を表す「資本的収支」では、建設改良費で3億5,156万円、企業債償還金ほかで16億 782万円の決算額となりました。

2. 主な建設事業

 公共下水道事業では、片山津・大聖寺川各処理区域内の管渠等の整備を進めました。この他、両処理区において、新幹線関連工事に伴う支障移転工事を行いました。農業集落排水事業では、三木地区において、令和元年7月の供用開始に向け、管路施設整備や処理場の整備を行いました。

決算に関する詳細な内容につきましては、添付ファイルをご覧ください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

経営企画課

電話番号:0761-72-7953 ファクス番号:0761-72-2208

メールフォームによるお問い合わせ