マイナンバー手続き時の本人確認について

更新日:2020年10月15日

マイナンバーが必要な手続きの際には、厳格な本人確認(番号確認と身元確認)を行うことが義務付けられています。
このため、「1」と「2」の書類を窓口で掲示していただく必要があります。

1 番号確認には、次のいずれかが必要です。

  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • マイナンバーが記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

2 身元確認書類は次のとおりです。

(1)いずれか1点で確認できるもの

  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード又は特別永住者証明書
  • 官公署から発行・発給された書類等で、氏名及び生年月日又は住所が記載され、かつ、写真が表示されたもので市長が適当と認めるもの

(2)2点以上必要なもの(上記(1)をお持ちでない場合)

  • 公的医療保険の被保険者証(健康保険証)
  • 介護保険被保険者証
  • 国民年金手帳
  • 児童扶養手当証書
  • 特別児童扶養手当証書
  • 官公署から発行・発給された書類等で、氏名及び生年月日又は住所が記載されたもので、市長が適当と認めるもの
    (マイナンバーの通知カードは、身元確認書類としては認められていません。)

3 代理人による手続きについて

 ご本人に代わって代理の方が手続きされる場合は、上記「1」(ご本人のもの)の他に、代理権の確認と代理人の身元確認をさせていただきます。

(1)代理権の確認

  • 法定代理人の場合は、その資格を証明する書類
  • 任意代理人の場合は委任状

(2)代理人の身元確認

 上記「2」によります。

身元確認書類の詳細等については、担当窓口へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

政策推進課

電話番号:0761-72-7830 ファクス番号:0761-72-6250

メールフォームによるお問い合わせ