平成22年度6月補正予算について

更新日:2020年10月15日

平成22年度6月補正予算の概要

今回の補正内容

  • 子育て支援策の一環として実施する「病児・病後児保育」に関するもの
  • 県から受けている「県水」の受水費の引き下げに伴う、加賀市の水道料金の引き下げに関するもの
  • 国や県等からの補助内示に基づく事業費の追加補正が主な内容となっています。

一般会計では、主なものとして下記の予算を計上しています。

道路等の整備事業として、「社会資本整備総合交付金」を活用した

  • 「大聖寺上木町から三木町」までの道路整備
  • 「分校町から梶井町」までの歩道整備
  • 冬期間における道路の凍結防止剤散布車購入費

防災対策事業として、

  • 災害発生時の避難に手助けの必要な方を地域で支援する「見守り支えあい支援事業費」を増額
  • 大聖寺地区及び山中温泉東谷地区における防災資機材の購入助成費
  • 消防本部における防火広報用器材の購入費

観光振興支援策として、

  • 白山スーパー林道を通って加賀温泉郷に宿泊される方々に対する片道通行料の助成費

この他、以下に対する助成費を追加計上しています。

  • 更なる雇用の機会を創出する「重点分野雇用創出事業」
  • 農業の担い手の支援策として市内の「認定農業者」等が行うトラクターや田植機など農業機械の購入

特別会計及び企業会計では、四つの会計において補正を行うこととしています。

  • 主な内容として、介護保険会計では介護保険制度の趣旨普及のためのホームページ改修費を追加計上しています。
  • 山代温泉財産区会計では、本年十月にオープンを予定しています「古総湯」の管理運営費を追加計上しています。
  • 病院事業会計では、同じく十月から、加賀市民病院において開始することとしている「病児・病後児保育」に係る施設の整備費及び運営費を追加計上しています。
  • 水道事業会計では、石川県から受けています「県水」の受水費の引き下げに併せて、加賀市の水道料金を5.1パーセント引き下げることとし所要額の減額補正を行っています。

これらの結果、6月補正予算は一般会計で1億6,280万円の増額となり、補正後の総額は294億6,780万円となっています。

特別会計では1,006万7千円の増額、企業会計では7,926万7千円の減額となっています。

詳細な内容につきましては、添付ファイルをご覧ください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

財政課財政グループ

電話番号:0761-72-7805 ファクス番号:0761-72-5650

メールフォームによるお問い合わせ