スマート農業の推進について

更新日:2022年02月03日

加賀市では、AIやIoTを活用したスマート農業を推進し、農作業を効率的・効果的に行うことで、作業負担を軽減し、儲かる農業による農家の所得増加と担い手不足の解消を目指しています。

平成28(2016)年度から令和2(2020)年度にかけ「IoT推進事業」を実施しましたが、その内容と成果を報告します。

1.事業内容

IoT推進事業とは、国の交付金を活用しIoT技術(インターネットに様々なモノを接続する技術)を取り入れた農業分野実証事業です。

2.目的

加賀市の農産物の栽培に、IoT技術を活用し、関係機関(生産者・IoT関連企業・JA・県・市)が連携を図り、生産環境データ等の収集と分析を行うことで、商品化率、品質向上・栽培技術の「見える化」に繋げることを目的としました。

実証事業は、ルビーロマンの商品化率・梨の品質・イチゴの収量、それぞれの向上を目指し実施しました。

3.協力経営体

・ルビーロマンの商品化率向上:土山ぶどう園、丸山ぶどう園、西村ぶどう園

・梨の品質向上:奥谷梨生産組合

・イチゴの収量向上:加賀フルーツランド

4.導入実績

・ルビーロマン

ルビーロマンの商品化率向上

・梨

センサーを用いて温度、湿度を計測することによりアラート通知し、黒星病、霜害を

未然に防止。

fdafda

defdafda

・イチゴ

クラウン加温、CO2施用により12月~2月の収量が増加。

dafafda

dafaefa