スーパーシティ型国家戦略特別区域の区域指定に関する専門調査会の結果について

更新日:2022年03月30日

1 概要

令和4年3月4日(金曜日)に、第3回スーパーシティ型国家戦略特別区域の区域指定に関する専門調査会が開催され、内閣府より、加賀市を含む3自治体を「デジタル田園健康特区(仮称)」として指定する案について説明があり、その後意見交換が行われました。その結果、案について賛同が得られたため、今後の手続き等を進めることとなりました。

2 結果の詳細(原文ママ)

今般、下記のとおり、第3回スーパーシティ型国家戦略特別区域の区域指定に関する専門調査会が開催され、第2回専門調査会(令和4年2月9日)に引き続き、スーパーシティの区域選定等について議論されました。

会議においては、つくば市及び大阪府・市のスーパーシティ構想について、それぞれの首長等からのヒアリングが実施され、その後、委員において審議が行われました。その結果、スーパーシティ型国家戦略特別区域として、つくば市及び大阪市を指定することが了承されました。

また、革新的事業連携型国家戦略特別区域制度により、デジタル技術を活用し、地域における健康、医療に関する課題の解決に重点的に取り組む複数の自治体(吉備中央町、茅野市、加賀市)について、デジタル田園健康特区(仮称)として指定することに関し内閣府等より概要案を説明し、その後、意見交換が行われました。その結果、概要案について賛同が得られ、今後の手続き等を進めることとなりました。

スーパーシティとデジタル田園健康特区(仮称)は、いずれも国家戦略特別区域として、「デジタル田園都市国家構想」を先導するものです。

つくば市、大阪市、吉備中央町、茅野市及び加賀市の国家戦略特別区域の指定については、今後開催予定(日時未定)の国家戦略特別区域諮問会議において、審議される見込みです。

3 内閣府ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先

スマートシティ課

電話番号:0761-72-7830 ファクス番号:0761-72-1910

メールフォームによるお問い合わせ