市民主役条例の制定

更新日:2021年01月22日

『市民主役条例』平成24年第2回定例会最終日(平成24年3月23日)に、議会議案として「市民主役条例」が提案され、賛成者11名、退席者10名で可決され、平成24年4月1日からの施行されています。

市民主役条例

市民主役条例は、市民が市政の主役となり、より暮らしやすい加賀市にするため、市民の権利・責務や市としての目標などを定めたルールです。また、市民が市政に関心を持ち、自発的な活動をサポートするものです。市民や市が共通の認識を持ち、市政や地域の活動などに取り組んでいくために文章化したものです。

議会議案提案理由 抜粋

議会議案第1号は、加賀市市民主役条例の新設になっております。

この条例は、

  • 「まちづくりの基本原則」
  • 「市民・事業者・市のそれぞれの役割」
  • 「市政運営に関する基本事項」
  • 「市民が市政に参加する仕組み」

などを定め、市民が主役の市政を実現するための基本的な指針となるものとして制定されています。
この条例の策定は、議会発案のもと、策定検討委員会を組織し、公募を含めた14名の市民や市職員にも参加をお願いし、平成23年度から計43回の会議を開き、知恵を出し合い、条例の内容について議論を重ね、地区説明会や策定検討委員会に属さない議員との意見交換、市職員への説明会などを通して、多くの意見をいただき、協議・検討を重ね、条例の内容を精査し、議長に答申されたものです。
このように2年にわたり、検討してきた条例は、市民の方々のご尽力もあり、市民・議会・行政が一体となって成し遂げたものであり、策定作業そのものが、市民が主役の市政の原点であり、真に市民目線に立った内容となることができました。
市民一人ひとりが主役となり、魅力あふれるまちづくりを進めてまいります。
市民主役条例の条文を参照する場合は、下記項目をクリックしてください。

 市民主役条例に基き、市民や事業者の皆さんが市政に関して政策的な提案を行うことができる市民等提案制度がスタートしています。

市民が主役 みんなで作ろう みんなの目標&ルール

この記事に関するお問い合わせ先

スマートシティ課

電話番号:0761-72-7802 ファクス番号:0761-72-6250

メールフォームによるお問い合わせ