国民年金の加入手続き

更新日:2022年04月19日

国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の全ての方が加入する制度です。
届出を忘れると、将来受け取る老齢基礎年金額が少なくなったり、受けられなくなったりする場合があります。また、不意の事故や病気で障がいが残ったり、亡くなられたりした際には、障害基礎年金や遺族基礎年金が支給されなくなるおそれがありますので、忘れずに届出を行ってください。

次の事項に該当したときは、国民年金の加入手続きが必要です。

国民年金の加入手続きが必要な事項
事項 年金種別
(1)厚生年金、共済年金に加入している60歳未満の方が退職したとき 第2号被保険者→第1号被保険者
(2)配偶者に扶養されている方の
  • 収入が増えたとき(年収130万円以上)
  • 配偶者が退職した、または65歳になったとき
  • 配偶者と離婚したとき
第3号被保険者→第1号被保険者

加入手続き

  1. 日本年金機構石川事務センターから発送される案内通知に同封されている用紙に、記入して住民票登録のある市区町村に届出してください。
  2. 退職日が確認できる書類・基礎年金番号通知書(年金手帳)をお持ちの上、住民票登録のある市区町村へ届出してください。
  3. 扶養喪失日が確認できる書類・基礎年金番号通知書(年金手帳)をお持ちの上、住民票登録のある市区町村へ届出してください。

国民年金加入についての詳しい内容については下記リンクをクリックしてください。

免除制度

国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、保険料の納付が免除・猶予される免除制度や学生納付特例制度がありますので、ご相談ください。

関連リンク

お問い合わせ先

小松年金事務所
0761-24-1791(代表)

受付窓口

  • 保険年金課
  • 山中温泉支所
  • 加賀市行政サービスセンター
  • 小松年金事務所

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課後期年金グループ

電話番号:0761-72-7867 ファクス番号:0761-72-7797

メールフォームによるお問い合わせ